2020年2月24日月曜日

変化 3年 廣田利一

こんにちは。
3年の廣田利一です。
前回の部員ブログからもう2年が経ってしまいました。今回は、この2年間に感じた自分の変化について書きたいと思います。

変化と言っても技術面の話ではありません。主に内面、気持ちの変化と言ったところです。阪大サッカー部として、全力を注がなければ得られなかったことです。

結論から言います。
「チームのために行動できるようになったこと」です。

そんなことかと思った人もいるかと思います。
しかし、意外とチームのために行動するということは難しいことではないでしょうか?
サッカーをやる以上、試合に出るというのが一つの目標です。競争もあります。納得が行かずに応援する気になれない、そういう人もいるかもしれません。

正直に言うと、僕も一時期そうでした。(2部Aリーグにてベンチが続いたとき)
自分が試合に出るにはどうしたらいいか、そればかり考えていました。

前期リーグが終わった時、うまく結果を残せなかった自分のことを高校時代からの親友と共に振り返ると、2つの反省点に行き当たりました。
一つ目は、実力不足。何か言い訳を見つけたり、文句を言ったりして自覚が足りていなかったなと感じました。
二つ目は、チームの為に何もできていなかったことです。ベンチに座っていると、必死に戦っている選手、全力で応援している仲間の姿がよく見えます。それなのに自分は、自分のことばかり考えていました。猛省しました。

それからチームのために自分ができることは何か、ひたすら考えました。
R.I君のように、声で、熱いプレーでチームを盛り上げる。僕にはできません。
S先輩のように、技術で圧倒する。それも難しい。
僕にできることは、練習から意識高く取り組み、それを最後までやりきることでした。
競争を激化させることでチームに貢献し、チームとして結果を出したいと思うようになりました。
そのために常に全力を尽くして、その結果、試合に出て活躍するのが理想という考えに至りました。ゴールは、チームの勝利。
また、チームの為に本気で取り組み始めると、文句が減りました。環境や人に対して文句を言う暇があったら自分を高めることに使おうと考えるようになったからです。

それに加えてもう一つ意識したことは、チームメイトのことをちゃんと見るということです。自分のことだけでなく、周りがどう考えているか、どういうプレーをしたいか。AだけてなくBチームの人も一緒にやるときは見るようにしました。
すると、仲間の良さが見えるようになって、仲間のことが好きになり、心から応援することもできるようになりました。阪大サッカー部のことが大好きになりました。

これが僕の、大学3年間での変化です。

阪大サッカー部として活動していなければ、チームの為に取り組む大切さを理解できなかったでしょう。
仲間達に感謝して、今年もチームの為に全力を尽くそうと思っています。
ただ、去年の個人成績にはもちろん満足していません。負けず嫌いなので。
絶対に今年は個人としてもチームとしても結果を出します!

2020年2月19日水曜日

一生懸命 3年 植野喬成


こんにちは。三回の植野です。これから拙い文章が続くと思いますが、最後まで読んで頂けると幸いです。
僕は大学サッカーの目標の一つとして、高校時代のチームメイトとリーグ戦という場で試合をすることがあったのですが、膝の怪我で長い間サッカーができないらしく、この時期にサッカーが当分できないことを本当に悔やんでいました。彼の怪我が治った時にいつでもピッチで待っていられるようにしたいです。そのためにもこのままじゃいられません。そのための意識付けについて部員ブログで書かせてもらいます。

突然ですが、皆さんは何かに対して頑張れていますか?
答えはきっと「はい」だと思います。
みんなそれぞれ違うけれど、勉強や仕事など一人一人が自分のフィールドで頑張っていると感じます。部活でも同じです。部員全員がサッカーを頑張っていると思っています。
では、質問を変えてみます。
皆さんは何かに対して一生懸命になれていますか?
この答えは「はい」と言い切れないかもしれません。さっきの質問と何が違うんだと思ったかもしれませんが、全く違うように思います。
「頑張る」とは、その時に持てる力の限界で全力を尽くしていることで、「一生懸命」とは、その時に全力を尽くす前提で、その時のために前々から努力や準備を怠らないことです。これは当時の僕のサッカーコーチがおっしゃっていたことなのですが、当時の僕にはこの言葉の重みを感じることが出来ず、正直に言うと今の今までずっと準備をないがしろにしてきました。自分の好きなサッカーで好きなプレーだけをただひたすらに続けて苦手なプレーからは目を背けてきました。ただ何も考えずに「頑張る」ことだけを続けてきました。
そして長年続けてきたサッカーも最後の一年となり、これからの人生でサッカーはやめないにしろ、きっと本気でサッカーをするのは今年が最後になると思います。きっとこのまま「頑張る」だけじゃ格上だらけの相手とのリーグ戦でチームに貢献することは難しいだろうし、サッカー人生に大きな後悔を残してしまうと思います。そうならないためにも、一日一日何をするべきなのか考え続けて「一生懸命」にサッカーをしたいと思います。

最後に最高学年らしく新入生に向けて阪大サッカー部について書こうと思います。たしかに部活をすることは休みが少なく拘束時間もそれなりにあるので、俗に言うキャンパスライフとは離れるかもしれません。けれど、阪大サッカー部は学生主体でやっていて勝つために何をすればいいか考え続けているので、「一生懸命」に取り組める人がたくさんいます。そういった尊敬できるチームメイトとサッカーを突き詰めることができるのは僕にとって、とても幸せなことです。

2020年2月11日火曜日

思考 3年 岩尾凌吾


こんにちは。経済学部3年の岩尾です。偉大な先輩塚本さんから引き継ぎ、今年は背番号4を背負います。“阪大のファンダイク”として頑張って参りますので、よろしくお願いします!

さて、今回は僕にとって2回目の部員ブログになります。1度目は2017年10月10日、入部して半年も経たない頃でした。その時は、大学入学までの人生について書きましたが、今回は大学に入ってからの3年間について書いていこうと思います。

1回目の部員ブログにも書きましたが、僕は高校の3年間で一度も選手権、インターハイに出ていません。入ってみるとそういった類は稀で、ほとんどが高校時代スタメンだった人たちでした。そればかりか、G大阪ユース出身の先輩や、国体に選ばれた同期もいました。正直最初の方はついていくのも精一杯で、毎日の練習も何も考えず、ただこなしているだけでした。そんな私がAチームに選ばれるわけもなく、入って2年はBチームに甘んじていました。そんなある日、私はドキュメンタリー番組で大谷翔平の「目標達成シート」に出会いました。詳細については是非検索して戴きたいのですが、簡潔にいうと、真ん中に目標を書いて、それを叶えるためにすべきことを8つ周りに書き、その8つをさらに8つにブレークダウンするというものです。(自分で書きながらも、こんがらがってきたので、是非調べてください笑) 話を元に戻すと、この目標達成シートに実際に書き込んでいくと、自分の強み・弱みが浮かび上がってきました。一応言っておくと、自分の強みは対人の守備、弱みはビルドアップです。ウイイレ風に10点満点の能力値で表すと、守備が5、ビルドアップが2でした。僕はすでに3年生で残り2年しかないことを考慮に入れると、2年間真剣に練習しても全体で能力値は3しか上がらないと考えたときに、僕は守備を8、ビルドアップを2にすることを選びました。なぜなら、自分が監督ならなんの特徴もない選手より、弱みはあるが強みが圧倒的な選手を使いたいと思ったからです。それから、僕はとにかく守備力を上げることだけにフォーカスし、果たして去年のリーグ戦では数試合スタメンで出ることができました。

僕がこのブログで最も伝えたかったのは「とにかく思考し続けろ」ということです。これを読んでいるのは、阪大志望の高校生かもしれないし、就活中の大学生かもしれませんが、あなたには何か叶えたい、夢、目標があるはずです。僕の場合は「スタメンになる」でしたが、それは「就活を成功させる」でも「彼女を作る」でも良いです。まずはその目標を叶えるために自分に何が足りていないのか、何ができるようになれば叶えられるかを考えてみてください。そのあと、考え出したものの中で優先順位を決め実行していくのです。僕は最初、何も考えずにサッカーをしていましたが、まったくうまくなることはありませんでした。人は思考しながらそして目標を意識しながら行動しなければ、成長しません。成長なくして夢は叶えられません。私の場合は思考の結果、強みに全振りすることに決めましたが、大学受験ならそうはいきません。思考の結果は人それぞれです。これを読んでいるあなたは、たった今から思考し始めてみてください。それが夢に近づく第一歩になります。

最後に、僕たちは今関西2部Aリーグ(関西で2番目のリーグ)で戦っています。その中で、国公立は僕たちと大阪教育大学だけ。さらに、選手を集めていないのは僕たちだけです。正直、羨ましいと思うことも多々ありますが、僕たちにしか味わえない醍醐味もあります。”限られた“戦力でどう戦うか、授業後の”限られた“時間をどう活かすか、”限られた“資金をどこに投入するかなど、僕たちにしかない問題を部員全員で考え抜き、実行する環境がここにはあります。他の大学のように、監督がトップダウンで意思決定をするのではありません。部員一人一人に意見を言う権利があると同時に、部のことを真剣に考える義務があります。全国を見渡してみてもこのような経験ができる大学はないと断言できます。もともと阪大サッカー部に入るつもりだったあなたも、サークルに入ろうと思っていたあなたも、一度阪大サッカー部を見にきてください!

PS.
2つ前の部員ブログで、副将の中嶋がなぜ体育会を選んだのかを書いていました。僕も体育会を選んで良かったと思います。阪大サッカー部に入ってから、リーグ戦に勝って泣いたし、負けて泣きました。もう20歳を超える僕に、何度も泣けるぐらい本気になれる機会を提供してくれた仲間、そして阪大サッカー部には感謝しかありません。

2020年2月5日水曜日

生涯 3年 藤元知史


こんにちは。
今回の部員ブログを担当します、藤元知史です。

某ドラッグストアでアルバイトをしており、爆買い中国人免税客にマスクなどを売りまくっています。
コロナウィルス対策は、感染してたまるかという強い気持ち、PASSION×PASSIONのみです。
受験生の弟、
兄ちゃんコロナになってもうたら、そん時はごめんな。



僕は昨年度、主務という役職を務めさせていただきました。
自己紹介からわかるように、コンテンツ力の低い僕に書けることは、この主務の経験くらいなので、学んだ事をここぞとばかりに書かせていただきます。


まず、主務とはどのような役職か。

ざっくり表すと、部の窓口を務め、チームの予定を組む役職です。

主に関西学生サッカー連盟や、他大学、OB会などと連絡を取ります。
公式戦や練習試合の日程調整、会場運営、選手登録、OB幹事会への出席などなど。
その仕事内容は多岐に渡ります。
そして、多方面から来る膨大な情報をまとめ、チームが強くなれるような予定を作り上げます。
正直、寝ているとき以外はほぼ常に部活のことを考えていたと言っても過言ではないと思います。


責任あるこの役職を通して、非常に多くのことを学ばせていただきました。
中でも、

挑戦することの大切さ

についてお話しさせていただきます。


部内での僕のサッカーの実力は下から数えた方が早く、サッカーではチームに貢献出来ていませんでした。
それでもチームに貢献したい、自分の存在意義を見出したい、という思いから、主務に挑戦しました。

学生主体のチームであること、サッカー専用グラウンドを所持しているような強豪私立大学とは違う、国立大学であることなどから来る難しさは、主務としての僕の日々を充実させました。
チームを創る実感らしいものが多くありました。

しかし、チームに貢献しているはずなのに、僕の心は全く満たされませんでした。
それどころか、虚しさのような、筆舌に尽くしがたい気持ちが日々増していきました。

それは、選手として試合に出て貢献できない弱い自分に向き合わず、ピッチ外で貢献することで誤魔化そうとしていたからです。

自分の弱さを認めることは本当に苦しい。
それでも、弱い自分に向き合わずに強がる方が情けないことですよね。

Aチームとの差を見て諦め、本気でサッカーをやらず、引退後に、まだやれた、と後悔するところでした。

主務としてチームを支える経験をしたからこそ、この単純で重要なことに気づけました。
成長する機会を得ると、さらに成長するきっかけに出会えました。
人生において、挑戦してみないと見えない景色がたくさんあるのだと思います。

挑戦することの大切さを感じた瞬間です。


サッカー部での活動も、残すところ10ヶ月ほどとなりました。
選手としてどこまでやれるか、こだわっていきたいと思います。
チームメイトの皆は是非、僕に厳しい目を向けて欲しいです。
そして、選手として努力し、成長できた暁には、また新たな成長の機会が見出されるのでしょう。

サッカー部の活動をご理解くださり、ご支援いただいている全ての皆様、
こんな下手くそな僕とサッカーをしてくれるチームメイト、
そして何より、僕のサッカーを応援してくれる家族。
感謝を忘れず、サッカーに打ち込める幸せを噛みしめ、日々成長していきたいです。


生涯、成長です。

2020年1月31日金曜日

WHY? 3年 中嶋良知


これから歴史を刻んでいくチームメイト
体育会に入ろうか迷っている新入

こんにちは副将の中嶋です初めからくさいセリフ、すみません。拙い文章が続きますが、しばしお付き合い願います。

なぜ、体育会にまで入ってサッカーするのか?

唐突に、仲間にそういった疑問を投げかけられましたその時、自分の中で分かりきったことと思っていたけれど、実際考えてみるとうまく言葉にできない自分がいました。プロになるわけでもないのに、なぜこんなにも本気で取り組んでいるのか、なぜ最後の学生生活をサッカーに注ぐのか。今現在サッカーは好きだし、この先もサッカーを好きでいるだろう。けれど、それだけならサークルでもいいじゃないか。サークルでサッカーは出来るし、楽しめるだろうし。なんせ、遊ぶことももっと出来る。考えれば考えるほど、よくわかりませんでした。けれど、これまでサッカー人生を思い返せば、自ずと答えは見えてきました

ここでは一つ、サッカーが変えてくれるきっかけとなった話を書こうと思います

僕は幼少期、人と関わることがすごく嫌いでした。自分がどんな風に思われているか気になり、自分自身を自由に表現することに臆病でした。喋る人は家族だけでいいと思っていた時もありましたそんなときサッカーが僕の考え方を変えてくれました。

4歳の頃からサッカーに触れていたけれど、僕を変えてくれたのは小学二年生の時でその時、コーチがサッカー中に声をだす重要性を教えてくれました。「声を出すことで自分の考えがチームに伝わり、チームメートが反応することでチームメイトの考えが自分に伝わる。サッカーはチームスポーツだから、味方の考えを知ることはチームで勝つためには必要なことなんだ。」と。僕は勝つために、自分を最大限、自由に表現していいこと、そのなかで相手の考えも知れることに気づきました
その頃から、試合に勝てば喜んでいたし、思うようにいかなければイライラすることもありました決勝で負ければすごく落ち込んでずっとみんなで泣いていました。リーグ突破すれば、試合に出てるにかかわらず、チームメイトと喜び合っていました優勝して、保護者が泣いている姿を見て嬉しい自分がいましたサッカーをしていく上で様々な感情が湧き出て、自分自身が感情を動かされる時もあり、そんなことに面白さを覚えていました

こんなことがあり、サッカーとの出会いで、今では私生活でも臆することなく、自分自身を自由に表現できるようになりました

この経験が僕のサッカー人生の基礎になった経験で。これから、中学、高校と、僕のサッカー人生は続いていくのですが常に僕のサッカー人生の根幹には、自他に関わらず、「感情」を動かし、動かされることに楽しみを感じるということがありました。これはサッカーをしたから味わえたことであり、サッカーというスポーツが僕に一番教えてくれました

話を始めの質問に戻しましょうこのような経験から、以下の4つが僕の現状の答えです。

喜怒哀楽を自由に表現できる、素の自分を最大限に表現できる。
応援してくれる人の心を動かすことができる。
チームメイトとありのままの感情を共有することができる。
本気で取り組む仲間、尊敬できる仲間と出会うことができる

これが僕がサッカーを好きであり、続けてこられた大きな要因だと思います。そして、大学で体育会サッカー部を選択したのは、体育会というものに無意識的にこういったことを感じとっていたのだとも思います
本気で取り組むからこそ、オリジナルな自分、喜怒哀楽を表現できる。本気で行動するからこそ、人の心を動かせる。本気で取り組む仲間がいるから、共有できる感情がある。大学で、そんな仲間と出会えるのも本気で取り組める体育会サッカー部でこそのもの。

みんなにも今一度「なぜ、体育会にまで入ってサッカーするのか?」ということを考えてほしいです。今はっきりと言葉にできずとも、この一年で明確なものにしてほしい。その信念を忘れずに部活に取り組んでほしい。その信念が自分の強みにると思う。

こんな疑問を投げかけ、気づかせてくれた仲間にはとても感謝しています。それだけでなく、熱い気持ちを持っている同期や後輩に出会えたことに感謝していますまた、これまでご指導いただいた先輩方にも感謝です

今年は、去年よりももっと難しい一年になると思いますが、今年の最後には笑って終われると思っています。今年のチームにはできる自信があります。新しい歴史を僕たちが作り上げていこう。

2020年1月25日土曜日

夢 3年 安部基喜


はじめまして!
今年度副将を務める安部基喜です。

なにを書けば良いのか、なにを書いたら阪大サッカー部に入ってくれるのか、色々考えましたが今の僕に言葉だけで人を動かせるほどの力もなく、とりあえず僕自身が阪大サッカー部を通してどのように成長していきたいかを書こうと決めました。

さていきなりですが、皆さんには夢がありますか?それは本気の夢ですか?
僕には夢があります。
それはBIGになることです。こういうことを言うと笑い者にされたり、冷やかされたりするものです。
でも僕は本気です。

その夢を目指したのは中学3年の頃です。
それは1度辞めたサッカーをもう1度始めた時です。

僕は小学4年のとき、大阪で優勝し、関西3位になりました。そのとき、現在リヴァプールに所属している南野拓実や日本代表の室屋成が先輩におり、コーチや周囲の人にはその2人に次ぐ存在だと言われ、その重圧に耐えきれずサッカーから逃げました。
それ以来10番という背番号が大嫌いでした。

中学ではテニスをしていました。それでもやはり体育の時間や遊びでサッカーをすると、この上なく気持ちが掻き立てられ、1度は逃げたサッカーともう1度向き合い、復帰しようと決めました。
そのとき、その2人はセレッソで10番を背負い、一方は青森山田で主力となっていました。
「負けたくない」それがその時の感情です。

しかしゴールデンエイジにサッカーを辞めた
僕はそれほどサッカーは上手くならず、違う道で彼らに並び、追い抜かそうと決めました。

そしてその勉学の心の支えとして今現在、大嫌いだった10番を今年から背負い、最後のサッカー人生を阪大で送っています。
「勝利」という目標にチーム全員で戦って行くわけですが、楽しいことばかりではなく、時には苦しい時もあり、時には落ち込むことだってあります。

その中での経験は僕がBIGになる上で必ず役に立つことだと思っています。もっと言えば、この経験なしに夢を実現することは不可能だと思っています。

阪大は国公立だからそんなに強くないという考えは置いて、ぜひ1度グラウンドに足を運んでください。
一緒に思い出に残る4年間を作っていきましょう。

長い文章となってしまいましたが、最後までご高覧して頂き、ありがとうございます。

        

2020年1月17日金曜日

「本気」のサッカー 3年 守武慎太郎

部員ブログ第1回目を担当する守武慎太郎です。
滋賀県甲賀市出身です。
今は阪大サッカー部で主将を務めています。
以後、よろしくお願いします。

僕のサッカー歴は12年で、そのうち11年半はゴールキーパーとして過ごしています。
ゴールキーパーをしていると孤独で辛い気持ちになることも多いですが、温かいチームメイトや応援してくれる家族のおかげで、なんとか乗り越えてここまでサッカーを続けられています。

僕はプロを目指していないし、目指してもなれるほどの実力もありません。
でも本気サッカーがしたくて、体育会サッカー部に入りました。
何故本気がいいのか。
これまでずっと、本気でサッカーを続けてきました。その過程で得た経験や味わった喜怒哀楽は、僕を少しずつ大人にしてくれています。
勝つ喜び。
負ける悔しさ。
サッカーを通じて、他にもたくさんの感情を知りました。

本気になればなるほど、その時抱く感情は強く、深く心に残ります。
それは、きっと自分の内面を濃いものにし、豊かな心を育んでくれる。
そう思ったから僕は本気がウリの体育会サッカー部を選びました。

そしてこのチームで、僕はこれまで本気でサッカーをしてきました。
真摯に自分と向き合って努力してきたつもりです。

でも果たして本当にそうでしょうか。
自分は本当に本気なのか。
そもそも、どれぐらい頑張ったら本気と呼んでいいのですか。

自分で決めるしかありません。
「本気」は主観的で、自己満足なものだと思います。
基準が常に自分の中にあり、僕の「本気」は結局「(僕なりの)本気」に過ぎないですし、自分が「本気」だと思っている取り組みが、他の誰かにとっては当たり前のことだったりします。

身の丈以上の結果を残したいのなら、本気で努力をして力をつけないといけない。でも、本気とか努力の「基準」というか、満足できるラインが低いと、「頑張っている」とは言っても力がつきにくいと思います。
一本のパスをどっちの足に出すかまで考えて丁寧に出している人と通ればいいと思ってアバウトに出している人、どっちがうまくなりそうかという話です。

去年の2Aリーグ、僕は22試合で52失点しました。
本気で頑張っていたけどこの結果でした。
悔しい。今年は個人としても活躍したいし、試合にも勝って後輩たちにこの舞台を残してあげたいです。

でも、今までと同じ本気でその望みは叶うでしょうか。
上位層との実力差を埋めるだけの努力をできているのか。

自分に問い続けて、ハングリーな気持ちを持ち続けたいです。

あと1年しかない大学サッカー。
もう毎日のように仲間とボールを蹴る、このかけがえのない日々にも終わりが見えてきました。
最後はみんなで笑って終わりたい。
そのために、毎日本気で頑張って、少しでも強くなりたいと思います。
頑張ることが目的にならないように気を付けながら。

最後に、
日頃より阪大サッカー部を支えてくださっている皆様、厚く御礼申し上げます。
2A リーグ2年目に突入しますが、今年は去年よりも更に厳しい戦いが予想されます。それでも、11つの試合で勝利を目指して全力を尽くします。
もし興味を持ってくださいましたら、是非とも観戦にお越し下さい。見に来て良かったと思っていただけるように、必死で頑張ります。

2020年もご声援の程、よろしくお願いいたします。